結局、顔なの?第一印象で見られるポイントまとめ

「外見より中身かな〜。」

それ、建前です。そうじゃないとしたら、稀な人です。

男子の多くは、顔で選んでいます。

「美人は三日で飽きる」と言いますが、美人はそうかもしれません。

ここで言っているのは、男子それぞれに好みの顔があって、その範囲の中で選んでいるということです。

 

女子の場合、

「告られたら、とりあえず付き合う。付き合ってみたら、いい人かもしれないし。」 

ってことありますよね?

男子にはあり得ません。

結果として、まずは『顔→スタイル→性格』となります。

ただし、繰り返しますが、あくまで美人かどうかではなく、好みの問題です。

では、好みの見た目だった場合、

さらに良い印象を与えるためにはどういったことに気をつければ良いのでしょうか。

男子が第一印象で見ているポイントをまとめます。

(服装についてはこちらでまとめています。)

 

 

①笑顔

自分の好みの顔が笑顔だったら、それだけで何倍もの威力を発揮します。

でも、自分では笑っているつもりでも、意外と笑えていない人が多いのも事実です。

常に口角が上がっていたら胡散臭いですが、

すぐに笑顔が出せるように鏡の前で練習しておくことは大切です。

 

また男子は、自分の発言で女性が笑ってくれることに喜びを感じます。

面白いと感じた時には最高の笑顔が出せるように準備しておきましょう。

シャイなあなたを、男子がつまらなさそうにしてると勘違いして、

好意を失ってしまうパターンはよく起こるので、要注意です。

 

②視線

目が合う子、目を合わせてくる子には好感を持ちやすいです。

挨拶する時、話を聞く時、返事をする時、

目を見て対応できるかどうかで、印象が雲泥の差です。

日頃意識してみてください。

「絶対あの子、俺に気がある」と思ってくれるはずです。

 

③声のトーン

ハキハキとした明るい声を心掛けましょう。決して大きい声ではありません。

声のでかい女性はそれだけでモテません。

ましてや①の笑顔を勘違いして、大声を出してガハガハ笑うなんてしたら最悪です。

滑舌のいい、少し高めのトーンを意識しましょう。

声の小さい女性が何言っているか聞き返すのは、男性には女性が思っている以上にストレスです。

 

④言葉遣い

③にも関係しますが、声を上げながら笑い、

「え、マジ?ちょーウケる〜w」なんて言われた日には、こっちが超シラケます。

言葉遣いは、その人がちゃんとした家庭で育ったのか測る貴重なデータです。

気を抜けません。

 

⑤愛嬌

第一印象プラスアルファの要素ですが、笑顔とはまた違った「可愛げ」を指します。

男性の多くは、女性を守ってあげたいという気持ちが強いですから、

ちょっと天然な感じや、ドジっ子、あるいは頼れるところは

頼る甘え上手さがぐっと印象をよくしてくれます。上手く甘えてみてください。

シャイな男子が多いですから、あまり反応に出さないかもしれませんが、見た目以上に喜んでいるはずです。