浮気。駄目、絶対。

相模ゴム工業が全国14,100名の20~60代男女に実施した、

アンケートの結果では、実に20代男子の浮気率は約30%。

おおよそ3人に1人が浮気をしている事になります。

なんでそんなに多くの男性が浮気をしてしまうのかについては、

こちらの記事で記載しているので割愛します。
「リンク」

今日は、ダメ男の浮気防止策について、男性目線で考えてみました。

 

【初級編~スタンス~】

 

①「私の彼氏は大丈夫」「彼に限って大丈夫」という考えを捨てる。

筆者が浮気をしまくっていた当時の彼女は、

「人見知りの貴方に浮気は出来ない」と常日頃から言っていました。

でも実際には、飼い主の前では首輪がついたふりをして、

いない間は遊びまくる悪犬だったんですね。

 

まず、

 「誰でも相手を信用したい」と考えています。

加えて、

 「過度な干渉や嫉妬は相手にとっても自分にとってもよくはない事」

という自制心が働きます。

そうすると、

 信用したい、束縛は嫌だ、まあ大丈夫、信じよう!

になりますよね。

ただ、実際の定量データでは3人に1人が浮気をしているという事実があります。

それを踏まえると、手なずけきっている愛犬のような彼でも

陰で浮気をしている可能性は十二分に考えらえます。

 

まずは、常に疑う姿勢を持ちましょう。

というより、常にリスクがある事を理解しましょう。

リスクを理解したうえで、対策を打つのと、対策を全く打たないのとでは、

彼への抑止力が変わってきます。

 

 

②付き合いだして早々のタイミングで打ち手を打つのが大事

付き合って数年が経過したタイミングで

浮気対策を突然実施すると明らかに不自然です。

 

対策は、単なる付け焼刃の技術、対策ではなく、

互いの価値観に対するすり合わせを行う過程と同時に実施していくものだからです。

付き合いたてのタイミングは気持ちの盛り上がりもありますし、

「好きだ!以上!」みたいなモードになってる事も多いですよね。

その隙をついて、二人の価値観をすり合わせて、

「浮気をさせない価値観や文化」を創るのです。

 

 

 

 

【中級編~具体策~】

 

①彼を自由にさせすぎない

~彼の帰りが遅いようであれば、適度に心配しましょう~

22時を過ぎて、今仕事終わった!みたいな連絡がなければ、

 「仕事終わった?」と連絡を入れましょう。

⇒ 返信が遅ければ、返信が来たタイミングで

 「心配するわ!(笑)」くらい言っておく

 

⇒ 直接会った際に

 「帰りが遅くなる日は出来れば教えてほしいし、

  帰り道や帰宅後には連絡欲しいな」

 

 「昔浮気されたことがあって、

  やっぱり仕事が忙しい人だったから少しだけ心配してしまうの…」

 

 「束縛したいわけではないし信用してるけど、

  でもお互いの事を100%信用できるようになるまで一定の時間は必要だと思うし……」

くらい言っちゃっても大丈夫だと思います。

 

これで「重い!」なんて感じるような男は、あなたに歩み寄って、

あなたを大事にする懐をもっていないので、どうせ浮気します!

 

 

 

~彼のLINEが通知オフ、もしくはトップページに

 受信が表示されない設定になっているかも?と感じたら、指摘しましょう~

 

ここで大事なのは、「軽く」伝える事です。

一緒にいる時に試しで画像とか送ってみましょう

⇒ 通知オフだった場合

 「あ!ってかなんで通知オフにしてるの?怪しい事でもあるのか~(笑)?」

⇒ 受信メッセージが表示されない設定だった場合

 「私も昔この設定にしてたんだけど、無駄に浮気を

  疑われた事があって、やめたんだよね。」

 「出来れば余計に疑ってしまう要因事態をなくしたいから

  やましい事がないなら… わざわざする必要なくない(笑)?」

※かわいめに、甘える感じで!!

 

「仕事のやり取りもあるし、上司に見られたりしたら」

とか色々言われるかもしれません。

でもこれはほんとに大事な事なので、なんとか粘りましょう…!

 

 

~終電を過ぎる時間になっても連絡がない場合~

電話しましょう。3回くらいはしちゃってよいです。

心配させる相手が悪い、で大丈夫です。

あなたが過度な干渉かも…と思って悩む必要ないです。

で、次あったときには伝えましょう。

 「終電過ぎても連絡なかったりして心配しないのが普通なの?」

普通じゃないから大丈夫です!

 

ここまでしっかりやると、

彼の頭の中では、「自分の彼女は比較的干渉をしてくる」になります。

これが大事です。

 

安心しきると男は馬鹿になりますから、

適度に「自分の彼女は厳しい」くらいに思ってる方がちょうどよいんです。

②あとは繰り返し、めげずに続けるだけ

これをしっかり続けていくと、

お互いの「心配」に対するハ―ドルが下がっていきます。

環境に適応していくんですね、男が。

 

そうすると、

  • 浮気のきっかけを物理的に削減させる事が出来て
  • 浮気なんてできっこないと思わせる事が出来ます。

 

【まとめ】

 

要は、男は誰でも浮気はするから、

物理的に浮気が出来ない状況を適度に創りながら、

「浮気なんてできない」と思わせる事が大事だと思います。

実際筆者はすべて実践されて浮気癖がなおりました。

 

この記事を読んで、

「こんなの大人の付き合いじゃない」

「疲れる」

「フラれるんじゃないかな?」

なんて思った方、大丈夫です。

 

勿論個々人の実行センスにもよりますが、

自由にさせすぎてよい事って思ってる以上にないものです。

また、相手を大事に思える優しい男性なら、

このくらいの対応屁でもないです。

 

ちょっと束縛されてる程度で、

「自由、自由」なんて喚く自称自由人の思いやりのない男性なんて、

こっちからお断りしてやりましょう。