遠距離で不安なのは、彼氏の浮気。遠距離を成就させる浮気防止メソッド

成就させるのがなかなか難しい遠距離恋愛。

一番の不安は、やっぱり彼氏の浮気だと思います。

 

世の中には様々な防止策が溢れていますが、

その防止策の中には、彼氏を束縛するような

彼氏にとって負担が大きいものも多くなっています。

 

ただでさえ遠距離恋愛は負担が大きいのに、

そんなに負担を増やしてしまったら、

すぐにギブアップしてしまうと思います。

 

今回は、男性に負担を掛けずに、遠距離恋愛を成就させるメソッドを

悪い例と一緒にご紹介いたします。

※ただ一つ、ここで前提条件!
彼氏が会いに行くことは負担と捉えません。
なぜなら、彼女に会いに行くことが負担な男とは、
そもそも遠距離恋愛が成立しないからです。
もちろん、彼女が地元を出て帰省の度に会うなど、例外は除きます。

①-1:定期的な接点を取る

防止策の中には、

“夜中に突然電話してみよう”

というのがありますが、これはNGです。

男性にとって、相当煩わしいのでやめましょう。

浮気をしてそうな時に初めてやっていいです。

 

普段は定期的に連絡することを事前に決めてください。

「金曜日のこの時間は電話しよう」

「土日はスカイプしようね」

でいいと思います。

 

毎日だと大変というのもありますが、

働いていると毎日は連絡できないこともしばしばあります。

誘われて飲みに行ったりや残業で忙しかったり。

数日お休みを作っておけば、別の日にしたり、

拘束されている感覚を抑えることができます。

夜中は翌日の仕事に備えて、もう寝ているかもしれません。

彼氏がどんな状態かはわかりません。

 

柔軟に定期接点を取ることが大切で、

電話できないならLINEしよう!

といった余裕を持ちたいところです。

 

計画的な定期接点を設けることで、

その時間が彼氏にとっても目標になりますし、

なにより遠距離恋愛による彼女の喪失感を軽減することができます。

男にも寂しがり屋は多いのは、知っておいてくださいね。

 

①-2:定期的な接点を取る(別解)

 

上記の方法がそれでも面倒だという場合には、

おはようやおやすみメール/電話もオススメです。

どんな内容をやり取りするか(今日の予定や昨日の話など)を

事前に決めておけるとスムーズです。

 

最初は面倒ですが、慣れてくるとそんなに負担になりませんし、

通勤時間など決まった時間にやれば、続けやすいです。

 

 

②次会う時のための努力を伝える

 

努力は人を裏切らないではないですが、

彼氏のために頑張っている彼女を裏切れる男はそういないと思います。

日頃のやり取りの中で、次会う日のために

努力をしていることを伝えるのは効果的です。

例えば、

「温泉旅行に行けるように、今からちょっとずつ貯金してるよ〜」

「おいしいご飯作ってあげられるように、料理頑張ってるんだ〜」

「今日はこれを作ったよ〜」

などです。

プラスでかわいい写メなんて送られてきた日には、

キュンとするはずです。

ただ、これもしょっちゅうやると恩着せがましいので、ほどほどにしましょう。

③共通の友人を多く作っておく

多くの第三者に付き合っていることを周知させておくことで、

浮気する気が起きにくくなりますし、

そんな状況で堂々と浮気する人もあまりいないでしょう。

 

場合によっては、

周りの人たちが浮気をしないようにフォローしてくれるかもしれません。

 

 

④自分の存在感を残す

 

これもまた効果的な方法の一つです。

靴や化粧品、バス用品など目につく場所に

自分の私物を残して、存在感を演出しましょう。

 

彼氏はいつも一緒にいるような気がして、

魔が差しにくくなるでしょう。

 

また、仮に女を連れ込んだとしても、

それだけの存在感があれば、身を引いてくれるかもしれません。

 

さらに、写真を飾っておくのも効果的でしょう。

理由は同じですが、インパクトが全然違います。

ぜひラブラブな一枚を飾ってみましょう!

かわいい写真立てもお忘れなく。

⑤異性の話をしない

遠距離恋愛は、日頃の様子がわからないからこそ、

ちょっとしたきっかけでお互い不安になるものです。

 

ここで肝心なのは、異性の話を「全く」しないということです。

この「全く」というのが非常に肝心です。

でも、どこまでと考えるよりは0の方がいいのではないでしょうか?

⑥束縛しすぎない

 

特に男性は束縛を嫌がります。

遠距離恋愛だと日頃そうでもなくても、急に束縛になりがち。

上でまとめたことを実践しながら、相手を信じて、

ある程度自由にさせてあげることが大切です。

おはようメールも束縛ツールになりがちですが、

あくまで話題としてなので、使い方には十分注意してください。

「今日は野球を見に行って来るよ!」

「そうなんだ。誰と?名前は?全員男?試合の後は飲み行くの?

行くとしたら、どの辺?何時に帰るの?」

 

こんなんじゃ、何も送りたくなくなりますからね…。

【番外編】これだけはやめてほしい防止策・第1位

 

これはよくオススメされていますが、“突然訪問する”です。

 

「サプラ〜イズ!来ちゃった♪」

「突然は困るよ」

「驚かせようと思って来たのに…。どんな気持ちで来たか知らないでしょ?」

 

いやまあ、気持ちはわかるし、ありがたいんですが、

単純に忙しいこともあるし、それに真っ当な彼氏であれば、

会う時には全力で奉仕したいと思っているもの。

 

やっぱり事前準備が必要なんです。

どうやって彼女を喜ばせようか、試行錯誤しているんです。

それを邪魔するのもちょっとかわいそうですよね。

もしかすると1回ぐらいはいいかもしれませんが、

基本的にはあまり歓迎されないものだと考えましょう。

 

 

 

色んな壁にぶつかる遠距離恋愛。

でも、それを乗り越えた先ではきっと強い力で結ばれることでしょう。

大変な中でも楽しみながら、成就させてくださいね。