嫁に聞いてみた。結婚を決断できた理由とは?

筆者は、結婚して2年目になります。
1年目の新婚感が抜けてきた今日この頃、ふと思ったんです。
「嫁はなぜ自分と結婚したのか、そして嫁は満足しているのか。」

聞いてみた結果、そこには用意周到に準備された結婚へのプロセスが!
天然キャラの嫁がこんなに思考を巡らせていたのかといたく感心しました。

世の女性のみなさんにもきっと参考になる話だと思ったので、今日はここに共有します。

結婚するまで、一番難しいと感じたことは?

一番考えたのはね、「自分が結婚したいと思った時に、相手に結婚する気になってもらえるか?」ってことだったんだよね~。
私は早く結婚して、子供を作って、おばあちゃんにひ孫を見せることが小さい頃からの夢だったから、おばあちゃん90歳近いし、逆算してもそろそろ結婚しなきゃっていうのが25歳の時だったんだよね。
だから、正直に自分のライフプランを伝えようと思ったの。
(付き合って半年の彼女の誕生日に言われました。)

勇気あるよね~(感心)

重たい女って思われたらいやだな~って思ったし、勇気も要ったけど、そこで引かれたらそれまでだと思って伝えた。
時間もないことだし。

いつ言おうかなっては思ってたけど、半年もあれば十分だったかな。
実際週3ぐらい会って、一般的なカップルの1年分ぐらいは顔合わせてたし。笑

ズバリ結婚の決め手は?

もともと結婚したいと思っていた年齢と時期に付き合ってたってのもあるけど、一番は『別れた時にこれ以上の人はなかなかいないんじゃないかと思ったから』かな。
消去法的な考え方だけど、これで踏み切れたよ。

ってことは多少妥協した?汗

いやいや、妥協はほんとに不要。妥協するぐらいならやめた方がいい。
理想は追い求めた方がいいよ。
だってさ、ほとんどの場合、結婚して一緒に生活したら、結婚した時から彼の評価が上がることはおそらくなくて、下がっていく一方だから。笑

結婚相手に求めるものとは?

(理想って言葉が出たので聞いてみました。)

理想? あ、理想ってあれだよ!
女子がよく言う、くだらない感じのきらきらしたものじゃないよ!笑

私、前々から『結婚相手に求める最低限のクリアすべき項目』を考えてたの。
それはね、

□ギャンブルしない。
□タバコ吸わない。
□短気じゃない。気分屋じゃない。機嫌で態度を変えない。
□清潔感があって、隣にいても恥ずかしくはないレベルの顔。
□喫茶店で3時間以上一緒に居れる男。
※年収の制限は無し。

最後の喫茶店でって話は、女性向け雑誌によく書いてあるけど、これほんとだと思うよ。
まあ、個人的な意見だけど。笑
私がおしゃべりだし、面白い話好きだからね!

まとめ

妥協せず、これ以上の人はいないと思って結婚した相手が自分だったとは…。
照れるぜ、嫁。
ただ、最近は若干短気だし、気分屋になりかけているので、気を付けようと思いました。
でもごめん、3時間しゃべる自信は今はちょっとないかな…笑

まとめると、
・自分のライフプランを考えておく
・いよいよの年齢になったら、短期間で判断して、はっきり物を言う
・事前に妥協できないことを決めておくこと
という3点だと思います。

一応、結婚するという点では結果を出している方法なので、参考になれば幸いです。 いか