【男子の本音】え、ダメなの?社内恋愛に後ろ向きな男子の思考4つ

社会人になると、なかなか出会いの場を作れなくて困りますよね。
最近では街コンや合コン以外にも、出会い系サイト・アプリなど出会いのための気軽なツールが増えていて、利用されている方も多いのでは?

でも、どうなんでしょう。
結果として結婚に至るような恋愛をできているかというと、それもなかなか難しいですよね。

結局のところ、日本で一番多い結婚のきっかけは、他でもない『社内恋愛』なんです。
ただ、社内恋愛には当然ながらリスクを含みます。
そのリスクから、男性の中には社内恋愛を面倒くさいと感じる方も多くいます。

でも目の前に転がっている出会いのチャンスを逃していたら、もったいない!
そんな男子の本音を理解して、リスクを回避しながら、恋愛成就させましょう!

男子が社内恋愛に後ろ向きな理由

理由① とにかくバレると面倒くさい

上司はもちろん、同僚にも見られると面倒くさい。

「昨日◯◯いたよね?」
「◯◯さんとできてるの?」

こうした会話がいちいち面倒ですし、気を遣われるのも面倒。
それだけならまだしも、格好のいじるネタになりますし、根も葉もない噂が立つ原因にもなります。
仕事人間の男性ほど、こうした傾向が強くなります。

理由② 人事考課や人事異動に影響する

固い社風の会社や銀行など不正に及ぶ可能性の高い企業では、社内恋愛は歓迎されないことが良くあります。
付き合っていることがわかった場合、男性だけ異動させられたり、女性は退職を迫られたり、といったことが起こり得ます。
自分の会社の体質は事前によく理解しておきましょう。

理由③ デートの場所が制限される

社内恋愛がバレないように、待ち合わせ場所を気にしたり、デート場所を気にしたりと何かと制限されます。
特に退社後のデートは大変です。わざわざ会社から離れた場所や会社の人が来ない場所を選ばなくてはなりません。
場合によっては、目的地までの電車でバレる恐れも…。

理由④ 彼女に自分の会社での評価を知られてしまう

非の打ち所がないなら男性ならいいかもしれませんが、多くの人は知られたくない弱みや失敗があるもの。
普通なら知られることのない自分のマイナスな評価まで彼女に知られてしまうのは、男としてのプライドが気付いてしまいます。

以上が4つの理由ですが、一つ番外編!
もともと誰かと噂のあった人は本当にイヤ
単純にイヤですよね。大学のサークルかと。
人によりますが、元カレを知っている女性と付き合うのを避ける男性はかなり多いです。

まとめ

このように社内恋愛は様々なリスクがありますが、こんな障壁を乗り越えて愛してくれる男性ならきっと本気ですし、苦労していることも理解してあげてください。
上手くやれば、会社のことがわかっている分、お互い変な心配をすることなく、安心して関係を深めることができるメリットがあります。
社内はちょっと…と決め込まず、ぜひいい出会いを探してみてください。