”ボク的”付き合うのに『ちょうどいい女性』についてまとめてみた。

男性は外で働き、女性は家庭を守る。
そんな若干前時代的価値観を持つ筆者Fが自身の考える『ちょうどいい女性』について語ります。
※今回のお話は、あくまで、筆者Fの個人的な意見であり、個人の経験則に基づく確率論の話でございます。

そもそもちょうどいい女性って何なんですかね?

それって場面や状況、目的によってだいぶ違いますよね。
遊ぶのにちょうどいい女性とか、付き合うのにちょうどいい女性とか、結婚するのにちょうどいい女性とか。
全部話すとすんごい長くなってしまいそうなので、「付き合うのにちょうどいい女性」にフォーカスしましょうか。

『付き合うのにちょうどいい』もパターンはある

といっても、その付き合うにもパターンがあって、目的が違う事ってあると思うんです。
まあまだ若いし、いろんな人と付き合って経験を積みたいとか、こんな人と付き合えたら最高だろうな~って見た目(顔や体形)から入ることもあるだろうし、結婚前提に付き合うならってのもあると思います。
でも、やっぱり付き合うなら楽にというか、安定して付き合いたいってのはあるので、そこは基準になってると思いますね。
お互いストレスなく、付き合えるのがいいじゃないですか。

楽に付き合えそうな条件

楽な条件ね…。プライドが高くないってのは大きいかもしれないですね。
でも、これって「我が強い」とか「ポリシーがある」とかは別にいいんですよ。
むしろプラスですよね!筋が通ってる子は好きですよ。
イヤなのは、変にプライドが高くて、男を立てることなく、リードさせてくれない女性ですね。
つまり、高学歴を鼻にかけてるとか、キャリアウーマンな自分が大好きで、付き合ってる時もビジネスの時と同じような厳しさを男性に求めてくるとか。
そうじゃなかったら、別に高学歴でも大手企業勤務でもいいんですけどね。

だから、確率論的な話なんですけど、ボク的には
中堅私大卒の一般事務か契約社員
がベストですね。

なぜ中堅私大?

中堅だと、頭悪すぎて話が通じないって程じゃないから、わかりやすく話せば仕事の話も十分できますし、恋愛経験もほどほどあるから付き合いやすいですよね。
逆説的な考え方だと、中堅未満の場合、頭悪すぎて会話に疲れるとか、恋愛遍歴が複雑とか、交友関係がやばいとか、そういう確率が高いし、あと結構しんどい働き方してる子や平日休みの子が増えますよね。
あくまで確率論的な話なので、そうじゃない子もいるのは理解してますよ。

私大なのは、国立だとちゃんと働きたい子が多いからですよ。
仕事に対してそこまで熱意のない、結婚するまでの間そこそこ働けたらいいってぐらいの子がいいですね。
とら〇ーゆで求人検索してるぐらいの。
それで一般事務や契約社員だったら、残業も少ないからスケジュール調整がしやすくて、付き合いやすいですよね。

できれば、地方出身がいい

地方出身だと一人暮らしなので、彼女の家に遊びに行ったり、外泊したりしやすいですし、家族との予定が入ることもないですから、これもまた付き合いやすいですよね。
東京出身実家住まいだと、そうはいかないですから。
彼女の家が使えるって、かなりメリットですね。

まとめ

要は、『大学から上京してきた中堅私大出身の一般事務』が付き合いやすい確率が高いって話です。
ただこれもいざ結婚となると話はまた変わってきますので、それはまた別に機会に熱く語りたいと思います!