恋ダンスを完璧に踊れる女性について思うこと

こんにちは!編集部Fです。
2017年も終わりが近づいていますね。
街も少しずつクリスマス色が強くなってきました。
そんな中、突然ですが、今年流行った曲って何なんですかね?

やっぱり、星野源の『恋』とか、TWICEの『TT』ですかね。
普段、洋楽しか聴かない僕でも知っているぐらいなので、相当流行ったんだと思いますが、いかがでしょうか。
(※注※:普段、洋楽しか聴かないんだよね~って言うと、女性ウケしないのは十分理解した上で、事実を言いました。)

TWICE、いわゆるKPOPに関しては、さほどの感情は湧かないんですが、星野源の『恋』に関しては、どうしても嫌悪感を抱いてしまうんですよね。
今回はそこに男性の心理が隠されていると感じ、考察してみたいと思います。

まず、KPOPについて思うこと

個人的に少女時代とかKPOPが流行り始めたころは、あまり興味なかったですし、むしろ韓流ブームに乗っかっている女性ってやだな~って思っていました。
韓流がイヤっていうよりも、ブームに乗っかるミーハーな感じが嫌だったんだと思います。
(筆者は、人と同じことをするのを避けて生きてきたタイプです。)

最近は韓流ブームも落ち着いてきて、KPOPもだいぶ日本に馴染んできたのもあって、僕もSUPER JUNIORやBIGBANGを聴くようになってきました。
スーツ着てるSUPER JUNIORってかっこいいですよね。
邦楽、洋楽(米英以外も)、KPOPってイメージでいます。

そんな感じなので、TWICEに関しては日本デビュー前から知ってました。(ちょっと自慢)
サナちゃんとか、日本人メンバーがいて、すごいなーって思っていました。
TTポーズは流行り過ぎた感がありますが。。

KPOPに熱が入り過ぎてる子は、男でいう『アニオタ』とあまり変わらない印象を抱いてしまいますが、ちょっと振付を覚えているとか、瞬間的にこのグループにハマってるとかはかわいいもんです。

ガチで完コピで踊れますって子に関しても、あまりマイナスな印象は抱かなくて、元々ダンスやっていたのかなとか、本気だなとか思えてしまうんですよね~。
KPOPアイドル自体が、裏側で相当な努力をしているのを知っているからですかね。

じゃあ、どうして『恋ダンス』は…。

1.流行り過ぎた

それで本題なんですが、星野源の『恋』は、恋ダンスがすっごく流行りましたよね。
「踊ってみた」とか、テレビや広告やら、そこら中で露出が多かったですよね。

ココですね、『流行り過ぎた・ブームになった』ってのがまず嫌悪感を抱く理由ですね。
結婚式や飲み会で度々披露されて、「お前たちもか…。」と何度思ったことか。

2.必死感

事実なんですが、先日会社の飲み会の後、カラオケに行ったんです。
そこで、いつもちょっと小うるさい女性(34歳・独身)が、『恋』に合わせて『恋ダンス』を完璧に披露したんです。
その必死感たるや。
この世のものとは思えない、場の空気の凍り付き。
この半年で最大の衝撃でした。

3.素人感

KPOPのダンスやってる子って、上にも書いたようにまじめにダンスやってる子が多いと思うんですけど、
恋ダンスの場合、そうじてミーハーな素人のお遊戯なんですよね。
見ていて、いたたまれないというか、こっぱずかしい。

4.踊ってる彼女は、新垣結衣じゃないから

新垣結衣がやっているからいいのであって、そうじゃなかったら意味ないですよね。
自分がかわいいって思う子がちょっと踊れるなら、まあかわいいですよ。
でも、それも完コピだったら、ひいちゃいます。。

5.なんとなく

世の中の「恋ダンス」の猛プッシュ感がうざったい。「にゃんこスター」もそうですよ。
なんとなくかったるい、だるいですね。

まとめ

以上、5点まとめてみましたが、書きながら思ったのは、要は流行に左右されることなく、「自分」がちゃんとある女性は素敵だなと思いました。
無理に世の中に合わせる必要はない。
あなたらしさを好きになってくれる男性は必ず現れるから。